ケアマネ 介護 健康 認知症

認知症のリスクを半減する為には今後も社会との繋がりが大事です。

 

こんにちは♡ケアマネハイジです♡

ご覧頂きありがとうございます♡

 

 

社会とのつながりが多い人ほど、

認知症になりにくいという研究が結果を

国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)などの

チームが発表しました。

 

 

 

認知症発症と社会のつながり調査

 

社会とのつながりが多いグループと

そうでないグループを比べると、

認知症の発症リスクは、ほぼ半減していることも

わかりました。
この対象は全国10市町村の

65歳以上の男女1万3984人に行われました。

2003年から9年間追跡し、

認知症で介護が必要になった人数と、

社会とのつながりの関連を調べました。

 

 

5つの社会とのつながりで認知症リスクは半減

 

配偶者がいる。

同居家族の支援ややり取りがある。

③友人との交流がある。

地域のグループ活動に参加している。

⑤何らかの就労している。

 

以上のどれかに該当すると、

認知症の発症リスクは減っていました。

 

 

該当している数の合計が0~1個の人は892人で、

そのうち追跡期間中に認知症を

発症したのは258人です。、

5個すべてを満たした人は1818人で

そのうち145人が発症しました。

 

 

年齢や糖尿病などの健康状態の影響を

調整して計算してみると

0~1個の人に比べ5個の人は

認知症を発症するリスクが

46%減少していました。

4個だと35%減。3個でも25%減でした。

 

また、これらのつながりを単独で持つよりも、

社会と多様に関わることで、認知症予防の

効果がいっそう高まる可能性があることも

わかっています。

 

国立長寿医療研究センター

社会福祉・地域包括ケア研究室の斎藤民室長

「特定の人とのつながりだけよりも多様な

つながりがあるほうが認知症のリスクをさげそうだ。

社会とのつながりを増やすよう心掛けて欲しい。」

と話しています。

 

 

家族・友人・近隣との交流や趣味活動を継続することで

認知症を予防しましょう。

明日もきっと素晴らしい☆彡

 

-ケアマネ, 介護, 健康, 認知症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高齢者が室内で転倒骨折しないための5つの生活習慣とは?

こんにちは♡ ケアマネ・ハイジです♡ ご覧頂きありがとうございます。 家の中は安全・・・ そう思っておられる高齢者の方は多いと思い ます。 ところが転倒などの家庭内の事故で亡くなる 人の数は年間1万人 …

これがフレイル状態になった時の5つの特徴です。

  こんにちは♡ ケアマネ ハイジです♡ ご覧頂きありがとうございます♡   今日は 担当させて頂いている おばあちゃまの ご家族様からご相談がありました。   「最近ご …

高齢者の3つの正しいおもちの食べ方

  こんにちは♡ ケアマネ ハイジです♡ ご覧頂きありがとうございます♡     さて 年末年始の 日本人のソウルフード と いえば 【おもち】 ハイジ家では子どもの頃 …

高齢者ドライバーさんの精密な視野検査が導入されます。

    こんにちは♡ ケアマネハイジです♡ ご覧いただきありがとうございます♡   高齢者の交通事故が増えています。 高齢者ドライバーさんの免許更新時、 より精密な「視野 …

生後5日目で先天性の心臓病の息子が手術を受けました。

  こんにちは🎵 ご覧頂きありがとうございます。   今 中学2年に なる長男の 胸には生後5日目か ら大きな勲章があります。   彼は生後5日で 心臓手 …

ハイジちゃん

好きなもの  ビール

嫌いなもの パソコン