ケアマネ 介護 健康 認知症

暴走老人やキレやすい高齢者が増えたわけ。

 

こんにちは♡ケアマネハイジです♡

ご覧頂きありがとうございます♡

 

 

駅やお店などでも大声で怒鳴ったり、
病院などでも暴言を吐いたりする高齢者を
見かけることが多くなっていませんか?

 

 

キレやすい老人が増えたわけ

 

これらは、もともと持っている
イライラしやすい性格が
加齢によりさらに脳機能の低下が進み、
怒りを抑えられなくなっているようです。

また自己中心的な性格の人は
常に自分は悪くない、他人が悪いと
思い込んでいるので、他人に対して
キレやすくなります。
高齢になってさらにこういった感情が
顕著に表れるようです。

 

 

 

自分で怒りをコントロールする4つのツボ

 

 

①怒りを爆発させると
周りを傷つけ自分にとっても
利益にはならないということを
普段の冷静な時にしっかりと
理解することです。

 

②怒りが込み上げてきたら、
これは脳の働きなんだから
コントロールできることを意識します。

 

そして数秒間、深呼吸して
怒りが収まるのを待ちます。
そうすると怒りの波が引き、
爆発させずに話をすることが
できるようになります。

 

③自分がどんな時に怒りを感じたか
記憶しておき、自分が怒りを感じる場面や
理由を客観的に理解できるようになると
事前に予防することが可能になります。

 

④高齢化による脳機能の低下を防ぐためには
普段から新しいことにチャレンジしたりして
脳をまんべんなく使うことです。
そうすることによって脳の作動記憶容量が
増えていくようです。

 

 

 


抑制機能の低下が涙もろくなる原因です。

 

 

 

私たちは 大脳皮質、

とりわけ前頭葉を中心とする大脳皮質

感情に【ブレーキ】をかけています。

「腹立たしいけど今は我慢しよう。」

「泣きそうだけど涙をこらえよう。」

といった時、この大脳皮質が活躍して

感情にブレーキをかけてくれています。

 

しかし年齢とともに大脳皮質の機能が

低下しこういった感情を抑制できなくなるのが

わかっています。年を取ると涙もろくなるのは、

感受性が豊かになったわけでも、

涙腺が弱くなったわけでもなかったんです。

 

行動や感情を制御している

抑制機能の低下」が社会的にも

問題になっています。

 

 

高齢者の脳トレにおすすめです。

 

川島隆太教授の脳トレーニング。

最新脳科学が生んだ「鬼トレ」はおすすめです。

 

 

 

脳トレーニングや
新しいことにチャレンジすることにより
キレやすい高齢者に
ならないよう 普段から心がけて行きましょう。

 

 


-ケアマネ, 介護, 健康, 認知症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最先端医療はうんちを移植します!!

    お腹いたーい!!   出先で大急ぎでトイレを探した経験って 誰しも1度や2度はありますよね?   特に、わたしみたいな潰瘍性大腸炎の人 だったら その苦 …

トレハロースを介護食に積極的に利用することのメリットについて

    こんにちは♡ ケアマネ ハイジです♡ ご覧頂きありがとうございます♡     食品添加物トレハロースという 名前は聞かれたことがあり ますか? &nbs …

潰瘍性大腸炎と大腸内視鏡検査って?

      こんにちは ケアマネ・ハイジです♡ ご覧いただきありがとうございます。     先日2週間前に受けた「大腸内視鏡検査」 の結果を聞きに行き …

11月は児童虐待防止推進月間です。

こんにちは♡ ケアマネ ハイジです♡ ご覧いただき ありがとうございます。   さて 11月は児童虐待防止推進月間です。     ハイジ 保育士免許も持っています。 子育 …

吉本新喜劇60周年イベント。あなたの町でも新喜劇が見られます!!

  こんにちは♡ ケアマネ ハイジです♡ ご覧頂きありがとうございます♡     今年3月に発足から60周年を迎える 吉本新喜劇。 3月21日から6月3日まで 全国ツアー …

ハイジちゃん

好きなもの  ビール

嫌いなもの パソコン