ケアマネ 介護 健康 未来 認知症

これがフレイル状態になった時の5つの特徴です。

 

こんにちは♡

ケアマネ ハイジです

ご覧頂きありがとうございます♡

 

今日は 担当させて頂いている

おばあちゃまの

ご家族様からご相談がありました。

 

「最近ご飯がまったく進まない。」

「足が弱って転びやすくなった。」

「家ではじっとして,

まったく動こうとしない。」

 

「ケアマネさん 

一体どうしたらいいんでしょう?」

とのご相談でした。

 

この方のような 高齢者に起こりやすい

筋力低下精神面の衰える状態のことを

日本老年医学会は 2014年5月から

フレイル

という言葉で提唱しています。

 

海外の老年医学会ではfrailty「虚弱」という

言葉を使っています。

しかし正しい介入で、元の状態の戻ることも

可能なので 日本では【フレイル】という

言葉に決まったそうです。

 

 

 

①体重減少

②疲れやすい

③歩行速度の低下

④握力の低下

⑤身体活動の低下

高齢者にみられるこの特有な状態を

国民全体が認識し、高齢者が要介護にならないよう

予防を務めることが必要と提言しています。

 

フレイルとは、

高齢者が抱える筋力低下による転倒の

リスクの増大や

認知機能低下・うつ状態などの精神・

心理的問題。

独居や経済的困難などの社会的問題まで

を含む概念であり、

この重要性を医療専門職のみだけではなく

広く国民に周知することで

介護予防が進み、要介護高齢者

の減少が期待できる。としています。

 

加齢に伴う虚弱化をこうした

一つの概念として

認識することで

医療や介護にかかわる専門職だけでなく

国民全体の意識を要介護防止

向けさせようとしています。

 

 

フレイルの状態で、周りが早く気づき

対応することができれば、改善ができたり

要介護状態に至る可能性を

減らすことができます。

 

逆にフレイルの状態が続くと

風邪から肺炎を起こしたり

転倒→骨折→寝たきりという

魔のループ

陥ってしまうこともあります。

高齢者がどんどん増えている現在。

 

フレイルに早く気づき

正しい治療介助をすることが

重要と言えます。

フレイル予防

明日もきっと素晴らしい☆彡

 

 

-ケアマネ, 介護, 健康, 未来, 認知症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高齢者が室内で転倒骨折しないための5つの生活習慣とは?

こんにちは♡ ケアマネ・ハイジです♡ ご覧頂きありがとうございます。 家の中は安全・・・ そう思っておられる高齢者の方は多いと思い ます。 ところが転倒などの家庭内の事故で亡くなる 人の数は年間1万人 …

もし注射に痛みがなければ子ども達の笑顔を増やすことができると思いませんか?

  こんばんは♡ ケアマネ ハイジです♡ ご覧頂きありがとうございます♡     さて ハイジ 人並みに風邪を 引いてしまいました。 いつもなら 点滴に行くのですが、 タ …

マツコ・デラックス 認知症の「徘徊」について違和感を訴える?!

  こんにちは♡ ケアマネハイジです♡ ご覧いただきありがとうございます♡   認知症の高齢者の方が1人で外出してしまう行動を 普段わたしたちは 「徘徊」と呼んでいますが、昨今 こ …

【にんじん】はカロテンの王様でありアンチエイジングも期待されます。

  こんにちは♡ケアマネハイジです♡ ご覧頂き ありがとうございます♡   ほぼ毎日と言っていいほど食卓でみかける にんじんですが、 アンチエイジングの効果もたくさん含まれています …

40代女子が本日よりブログをはじめてみました。

本日 生まれたてほやほやのブログです(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 20年前 難病指定をされている潰瘍性大腸炎を発症 。 その後リンパ球性間質性肺炎・卵巣のう腫・急性喉頭がい炎からの 気管切開 大腸ポリープ切 …

ハイジちゃん

好きなもの  ビール

嫌いなもの パソコン